スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨上がり(No.6)

2011年08月12日 09:07


 イヌカシのホテルから出ると降っていた雨が止んでいた。
 飛び込んできた強い光に紫苑は目を細めた。
 空気中の塵や埃を吸い込んで地上へと落とした雨のおかげで西ブロックの空はキラキラと輝いているようにも見える。
 誘われるように歩き出そうとしたら、裾を引っ張られた。
「何?」
 横に並んでいたネズミの方を向けば、彼は自分の目の前にある水たまりを指す。
 水面に映るのは雲の切れ間から顔を出した太陽とそれを囲むように円を描いた虹。
 思わず顔を上げて太陽の近くを見るが、虹はない。
 そんな紫苑の様子に、ネズミは可笑しそうにくつくつと肩を揺らす。
「ガソリンですよ陛下」
 再び視線を水たまりに移せば、確かにそれ特有の輝き。
「こんな人工物でも、きれいちゃっきれいだよな」
 ネズミにしては珍しい言葉に反応が遅れる。
 ぽかんとネズミを見ていたら、彼は眉をひそめて紫苑の額にデコピンをしてきた。
「痛いっ。なんでデコピン……」
「反応を返さないのが悪い」
 痛みを訴えてもそっぽを向いたネズミには全く無意味で。
 紫苑は少しひりひりとする額を指で押さえながら、
「ネズミにしては珍しいこと言うなって思ってさ」
「自覚はある」
 そう言い放って、ネズミは先に歩き出した。
「ねぇ、もしかして照れてる?」
 いつもならある程度そろえてくれる速度も早く、小走りで追いついた紫苑はネズミの顔を覗き込むように見上げた。
 答えは返ってこなかったが、ネズミの耳が赤くなっていた。






 イヌカシ「ホテルの玄関でいちゃつくな」
スポンサーサイト

ウサギが虎に会った日1(tiger&bunny)

2011年08月12日 09:06

 朝起きたら、何故か自分の上に虎が乗っかっていた。
 青灰色かかった体毛に黒の模様。よく見かける虎とは全く異なっている。
 鼻をぴすぴすさせながら喉を鳴らす虎。猫ならまだ可愛げがあるが、虎だ。どう見てもマジで食事前なんとやらにしか見えない。
「…………っ!」
 さすがに思考がはっきりする程目が覚めた。
 バーナービが目が覚めたことを認識したのか、虎は自分の顔をバーナービの体にこすりつけてくる。
 猫なら目じりが下がる行為だが、やっぱり何回見ても虎だ。もう怖いしか言いようがない。
 いざとなったらハンドレットパワーでなんとかすればよいのだが、それでも自分より体の大きい動物を見れば潜在的に恐怖がわく。
 さてこの状況をどうしたものかと、ゆらゆらとゆっくりゆれている虎のしっぽを眺めて考える。
「あれ、虎徹さんは?」
 昨晩いい酒が入ったと上機嫌にバーナービの部屋にやってきた相棒の存在を思い出す。
 勝手にやってきて勝手に酒盛りをして、勝手に落ちたのでそこら辺にほっといたのだが。
 虎が乗っかっている状況ではベッド下の様子は確認できない。
「虎徹さん」
 彼を呼んでみるが、返事はない。そのかわり虎が反応して顔を上げた。
 黄金の瞳と目が合う。
「あっ、いえ。貴方ではなくて……というか退いてもらえると嬉しいのですが」
 さすがに人間の言葉がわかるとは思わないが、目が合ってしまったので思わず話しかけてしまった。
 肉食動物と目があったらいけなかったと思い出し、一瞬身構えるが予想に反して虎はあっさりベッドから降りる。
 ベッドの傍でくるりと方向転換し、ちょこんと座りこちらを見上げた。なんだか人慣れした虎である。
 上体を起こし部屋を見回すが、虎徹の姿は見えない。寝る前は確かにこの部屋のどこかで倒れていたはずだ。
「虎徹さん?」
 もう一度読んでみるが、やはり返事はない。
 バンッ!
 強く何かを叩く音にびっくりして肩が跳ねる。音の方に視線を向けると、虎がしっぽをばしばしと激しく動かして床を叩いている。それも何か不満げな表情だ。
 猫は犬と違ってしっぽを激しく動かす時は不満や怒りを表すと何かで聞いたことがある。
「…………」
 何が不満なのかさっぱりわからない。というかそもそもこの虎はどこから入ってきたのか。昨日は虎徹以外の来客はいないから彼が来たときにしかドアを開けていない。
 そんなことを考えていると頭の隅になんだが嫌な予感がふつふつと出てくる。
 虎徹は起きてから自分に声もかけずに自宅に帰る人間ではない。むしろ起きたら起こしにくるようなお節介人間だ。
 まさかが半分、あの人なら有り得るが半分で虎に声をかけた。
「……虎徹さん?」
 グルオゥ。
 虎が上機嫌に一声。
 虎が鳴き声とか初めて聞きました。てか虎も鳴くんですね。

測る重さ (涼宮ハルヒ)

2011年07月09日 12:51

「”世界”と”貴方”かどちらか選べと言われたら、僕は迷わず”世界”を選びます」
 気が付けば、俺たちだけになった部室で古泉は静かにそう言った。
「――何の話だ」
「そう遠くない話です。僕たちのことはいずれ彼女の知るところになるでしょう。
 その時どちらを選ばなくてはいけないでしょうから」
 長机の向こう側。
 何度も対戦したテーブルゲーム。
 何を考えているのかさっぱり読めない古泉。
 いつもと変わらないのはそれだけで。
 なんと返してよいか考えている俺をそのままに古泉は話を続ける。
「まぁもっとも。選ぶより前に僕の存在抹消の可能性が高いですが」
「はぁ? なんだよそれ」
 思わず眉をひそめて、声が低くなる。古泉は笑った。時々見せる困った笑顔。
「あなたが思っているより彼女は”貴方”を気に入っています。僕とあなたの関係に気づけば、面白くはないでしょう。女の嫉妬ほど怖いものはありません」
「…………可能性の問題だ。かならずしもそうなるとは言えないだろ」
「そうですね……可能性の問題です。忘れてください、単なる戯言です」
 やはり変わらないその笑顔が妙にムカつく。人を悩ましといて、戯言とはなんだ。
「一人の人間を消さないと存在できない世界なら。俺は、その世界にいる俺は俺じゃない」
 感情のまま言った言葉に古泉は驚いたのか、珍しく目を見張っていた。
 あぁ、やっと変わった。

 お前が消えるというなら俺も消えてやるよ。

 だからさ、そんな顔するなよ。いつもと違って感情が読みやすくてやりづらいんだよ。

 そんなこと言ったらこいつはどんな顔をするのだろうか。

贈り物 (tales of the abyss)

2011年07月09日 12:50





         君に贈り物をしよう

         どんなものを贈ったら

         君は 喜んでくれるだろうか?

         きっと

         どれを贈っても 君は

         同じ事をいうのだろう

         それが簡単に想像できて 俺は 少し笑った


         そうだ

         君が思いつかない 贈り物をしよう

         きっと

         君は 怒るだろうけど

         それでも 受け取ってくれる




         俺が 見たもの 感じたもの  全ての記憶を 贈ろう




         皆と 約束したけれど 俺は それを守れそうにないから

         せめて 俺の言葉を 皆に伝えてくれないだろうか


         ごめんな

         ごめんなさい

         でも ありがとう



         俺は幸せ者です

貴方(code geass)

2011年07月09日 12:49



         空が あなたを連れて行ってしまいました

         人々が あなたの笑顔を奪っていきました

         世界が あなたの嘘だけを残していきました

         あなたが どんな顔をして 喜び 怒り 哀しみ 楽しんで いたのかを

         私は 忘れてしまいました




         それでも  それでも




         私は あなたという存在を覚えています

         風が あなたの優しさを覚えています

         雨が あなたの貴さを覚えています

         星と月が あなたの孤独を覚えています

         世界が あなたの嘘を残してくれました





         私たちは あなたという存在に愛されて

         この場所で 生きています





         どうか どうか




         また会える日まで あなたに限りない幸せが満ちていますように。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。