スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

測る重さ (涼宮ハルヒ)

2011年07月09日 12:51

「”世界”と”貴方”かどちらか選べと言われたら、僕は迷わず”世界”を選びます」
 気が付けば、俺たちだけになった部室で古泉は静かにそう言った。
「――何の話だ」
「そう遠くない話です。僕たちのことはいずれ彼女の知るところになるでしょう。
 その時どちらを選ばなくてはいけないでしょうから」
 長机の向こう側。
 何度も対戦したテーブルゲーム。
 何を考えているのかさっぱり読めない古泉。
 いつもと変わらないのはそれだけで。
 なんと返してよいか考えている俺をそのままに古泉は話を続ける。
「まぁもっとも。選ぶより前に僕の存在抹消の可能性が高いですが」
「はぁ? なんだよそれ」
 思わず眉をひそめて、声が低くなる。古泉は笑った。時々見せる困った笑顔。
「あなたが思っているより彼女は”貴方”を気に入っています。僕とあなたの関係に気づけば、面白くはないでしょう。女の嫉妬ほど怖いものはありません」
「…………可能性の問題だ。かならずしもそうなるとは言えないだろ」
「そうですね……可能性の問題です。忘れてください、単なる戯言です」
 やはり変わらないその笑顔が妙にムカつく。人を悩ましといて、戯言とはなんだ。
「一人の人間を消さないと存在できない世界なら。俺は、その世界にいる俺は俺じゃない」
 感情のまま言った言葉に古泉は驚いたのか、珍しく目を見張っていた。
 あぁ、やっと変わった。

 お前が消えるというなら俺も消えてやるよ。

 だからさ、そんな顔するなよ。いつもと違って感情が読みやすくてやりづらいんだよ。

 そんなこと言ったらこいつはどんな顔をするのだろうか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。